メーカー

お買い物ガイド

新しい商品

ボレスワヴィエツ陶器の歴史

ボレスワヴィエツ陶磁器は、天然の石器粘土から何世紀も前から製造されてきましたが、ボレスワヴィエツはBóbr川とKwisa川の流域にある都市です 中世時代の初期に最初の陶器船がこの町で作られたとされています。

Pocztowki_z_Boleslawca.jpg

ボレスワヴィエツ陶磁器は、天然の石器粘土から何世紀も前から製造されてきましたが、ボレスワヴィエツはBóbr川とKwisa川の流域にある都市です 中世時代の初期に最初の陶器船がこの町で作られたとされています。 これまでに調査した中で最も古い(16世紀~17世紀前半)ボレスワヴィエツの陶器の家がulにあります。Piaskowa. 様々な陶器が作られてきました。(鍋、瓶、鉢、皿、置物、貯金箱等)多種多彩の釉薬で塗布された陶器は職人さん達の手で芸術性の高い装飾をほどこしています。

中世時代、組合員は5人の陶器職人さんだけでした。陶器職人さん達は常に高品質を保証するため努力をしてきました。 1762年、プロシア 《ドイツ北部にあった旧王国》 の圧力の下、町の陶器店数の上限が廃止にされました。 ボレスワヴィエツはすでにヨーロッパで重要な陶器の中心になっていました。

1700年代初め、ローカル石器の代表的な水差しが使われていました。容器には日付が刻まれていてモノグラム(組み合わせ文字)が付いた装飾的なスズが特徴的 1700年代後半~1800年代には水差しは聖書や紋章、動物や植物をモチーフとした装飾がされていました。

1753年、ヨハン・ゴットリーブ・ジョップは「大きなポット」を作りました。世界最大の容器で高さ2m以上、2000リットルの容量 ポットはボレスワヴィエツのシンボルとなりポストカードに印刷されています。 それはミニチュアで複製され、さらに演劇のテーマになりました。

ヨハン・ゴットリーブ・アルトマン(Johann Gottlieb Altmann)のおかげで、陶磁器の現地生産は技術革新に大きく貢献しました。 鉛入りの釉薬をこれまで使用してきましたが安全な釉薬を使用することによって安全が確保されることになりました。アルトマンさんは以前、上塗りだけに使用されていた白い粘土の先駆けでもありました。

ブンツラウに1897年に設立された陶製職業訓練学校「Keramische Fachschule」、ボレスワヴィエツの町にさらなる発展を促しました。 ベルリンのロイヤル磁器工場の監督をしていたウィルヘルム プカルさんはその学校で最初の講師でもありました。 この学校の講師達は陶芸技術の専門家とデザイナーでます。

講師達は新しい世代の陶器を教育するだけではなく、石器粘土を使用しての金型に入れポット作りして新しい技術で形づくりや装飾を開発しました。 ボレスワヴィエツ社の陶器は瞬く間にーロッパだけえはなく世界でも有名なひとつのブランドへと大きく成長していきました。

第二次世界大戦後、陶器企業は今までの技術を活かし地元の伝統を後世に残すようにしました。クラクフの有名な陶器作家であるTadeusz Szafranさんに修復依頼をしました。

Reinhold & Coの戦前の計画の再委託で最大の成果が得られました